うなじ脱毛は後悔する人が多い!理想のデザインと効果を手に入れる方法

うなじ脱毛は後悔する人が多い!理想のデザインと効果を手に入れる方法

友達のうなじを見て「毛深い!」「汚い!」って思ったことありませんか?もしかすると、あなたの後ろ姿も同じかもしれませんよ・・・。

ヘアアップしてもキレイなうなじの持ち主は、多くが脱毛して整えています。カミソリや毛抜きで処理すると青白い肌や毛穴のポツポツが目立ってしまうでしょう。

このような理由から「うなじ脱毛」は人気部位のひとつとなっていますが、範囲や脱毛効果・デザインなど気になることが多いですよね。

そこで今回は、はじめてでも失敗しないためにうなじ脱毛のおすすめなやり方についてご紹介します。

脱毛クリームでうなじの処理は危険!

脱毛クリームといえば「低コスト・即効性・毛穴からツルツル」とメリットだらけの脱毛方法。

しかし、脱毛する部位によって皮膚がヒリヒリしたり炎症を起こしたりと危険なことがたくさんあります。

このようなトラブルになる原因が、脱毛クリームの主成分である“チオグリコール酸カルシウム”です。

このアルカリ性の成分はタンパク質を溶かす効果があります。毛はタンパク質でできているため、毛穴の中に生えるムダ毛もしっかり処理してくれるんです。

ただ、皮膚もタンパク質であるため、脱毛クリームを塗った部分はムダ毛と一緒に皮膚も溶かしています。なので、チクチクやヒリヒリといった痛みを少し感じてしまうんです。

脱毛クリームは髪の毛まで除毛してしまう人が多い!

うなじって自分では見えないため、合わせ鏡でムダ毛のお手入れをする人が多いです。後ろ姿が見えるのであれば、脱毛クリームでムダ毛処理しても問題はありません。

でも、肉眼で見ながらムダ毛処理するわけではないため、髪の毛に脱毛クリームがついてしまい“髪の毛まで除毛してしまう”人が急増しています。

その結果、襟足部分が短くなってしまい、広いうなじができあがってしまう失敗談が多いです。脱毛クリームの使用は自己責任なので、こういったトラブルに気をつけましょう。

デメリットはない?うなじ脱毛する前にチェック

キレイなうなじを手に入れるなら、脱毛サロンやクリニックにお願いするのが一番です。自分では手や目が届かない部分を、第三者におこなってもらえるのは安全性が高いですね。

しかし、脱毛サロンやクリニックでうなじ脱毛しても、失敗する人がいます。デメリットを改善するためにも、次の3つのポイントに注意してください。

うなじのデザインが気に入らない

脱毛が終わってから「理想のデザインではなかった・・・」と後悔する人を多く見かけます。

光脱毛や医療レーザー脱毛は毛根組織へダメージを与えるため、完了後の毛再生率が低いです。しばらくツルツルな状態が続くため、うなじ脱毛する前はカウンセリングをしっかりおこない、スタッフに理想の形などを伝えましょう。

うなじ脱毛したら背中の毛が目立つ

うなじだけ脱毛する人も多いのですが、背中の開いた洋服や水着を着る人にはおすすめしません。それは「背中の毛が逆に目立った」という口コミが多いからです。

うなじを脱毛するなら、一緒に背中も処理すると不自然さを解消できます。また、うなじだけ剛毛なら全体的に薄くするだけで、背中とのつながりもキレイに見えるでしょう。

思った以上に痛くて耐えられない

顔同様にうなじは皮膚がとってもデリケートです。シャンプーの残りカスなどで炎症を引き起こす人は要注意!

うなじ脱毛はほかの部位よりも痛みを感じやすいです。とくに、出力の強い医療レーザー脱毛機を扱うクリニックは我慢できないほどの痛みを感じるでしょう。

照射パワーを下げたり麻酔を使ったりすることで改善できますが、これだと脱毛サロンと効果や費用が同じになってしまいます。

痛みが心配な人やコストが気になる人は、まずは脱毛サロンで体験してみることをおすすめします。

髪の毛はNG!うなじの境目はどこ?

女性でも、剛毛なうなじに悩んでいる人が多いです。人より襟足が長かったり、うなじの範囲が狭いことをコンプレックスに抱えている人も多いでしょう。

脱毛サロンやクリニックのうなじ脱毛は、残念ながら“うなじの範囲を広げる”ことができません!

理想的な形にするため、髪の毛の一部を脱毛して欲しい気持ちもわかります。しかし、髪の毛を脱毛すると光やレーザー脱毛機の照射パワーの影響が強すぎて、ヤケドや炎症などトラブルを引き起こしやすいんです。

危険な脱毛は、たぶんどこもおこなってくれないでしょう。

うなじの境目とは

うなじと髪の毛(襟足)の境目は、髪の毛をアップするとわかります。

毛質
髪の毛 太くて黒い
うなじ 細くて色素の薄い

うなじの範囲は「髪の毛の生え際(襟足)からTシャツの襟首ライン」までです。

襟足の形によってうなじのデザインなど変わってきます。うなじの範囲を広くしたい、M字などのデザインに仕上げて欲しい人は、どこまで理想の形にできるかカウンセリングで相談してみましょう。

うなじ脱毛はデザインが豊富!

脱毛サロンやクリニックのうなじ脱毛は、可能な限り理想的なデザインへ仕上げてくれます。うなじの形で多いのが次の5パターンです。

特徴
アーチ ・自然な仕上がり
・首が長く見える
・着物を着る人におすすめ
・後れ毛があってもキレイ
・スッキリとキレイに見える
・後れ毛が気になる人におすすめ
・女性に多いうなじの形
・色っぽい
・ショートカットヘアな人におすすめ
U ・すっきりとした後ろ姿に見える
・清潔感がある
・キレイなうなじを作りたい人におすすめ

女性に人気のデザインは「W型」です。舞妓やモデルなどのうなじに多い形で、おしゃれ着から着物・浴衣をキレイに着こなして見せます。

また、M型とW型を組み合わせた「MW型」は清潔感とキレイさのメリットを2つ取り入れたデザインで、こちらもうなじ脱毛で人気です。

剛毛なうなじ!脱毛経過と効果

ヘアアップするのが恥ずかしいほど、剛毛なうなじをコンプレックスに抱えている人も多いでしょう。

いつ見られてもいいうなじを作りたいなら、脱毛するのが一番効率的です。

しかし、脱毛効果は何回目からあるのか、経過が気になる人も多いと思います。脱毛サロンとクリニックでうなじ脱毛をしたときの「脱毛経過と効果」を一覧にしてみました。

脱毛サロン クリニック
全体的に薄くなる 5回 3回
自然な仕上がり 10回 5回
ツルツルになる 15回 7回

上記は平均回数で、当サイトに寄せられたうなじ脱毛の効果の口コミを参考にしています。

全身と比較するとうなじ脱毛の効果は遅めです。光脱毛や医療レーザー脱毛は“太くて黒い毛”に効果高いことが関係していると言えます。

1回目は照射してから2週間頃に、毛がポロポロと抜け落ちますがすぐ再生するでしょう。何度か照射することで、脱毛効果は高まりますよ。

うなじ脱毛の施術スタイルや方法

脱毛サロンやクリニックで脱毛する際は、必ず専用のガウンに着替えます。これは施術時のジェルを使ったり作業をしやすくするためです。(※うなじ含む全身脱毛の場合は紙パンツに取り替えます。)

うなじ脱毛の施術は「うつ伏せ」でおこないます。

施術スタッフと顔を合わせることがないため、気を使わずに済みます。

うつ伏せといえばメイク崩れが心配ですが、サロンとクリニックどちらもメイクルームなどを完備しているケースが多いのです。どちらかといえば脱毛サロンの方が完備率は高いのです。

うなじ脱毛はクリニックより脱毛サロンの方がいい?

うなじ脱毛をするなら、脱毛サロンとクリニックどちらかで迷われると思います。どちらもメリット・デメリットがあるため、まずは利用前に確認しておきましょう。

脱毛サロン クリニック
メリット ・痛くない
・低コスト
・対応が柔軟
・効果が早い
・永久脱毛
・万が一も安心
デメリット ・効果が遅い
・減毛脱毛
・痛い
・コストが割高
・サービスがない

クリニックは医師や看護師など、医療免許を保有したスタッフが施術します。そのため、万が一のときもその場で対応するなど、緊急時はメリットが高いです。

ただ、強い痛みやキャンペーンなど割引率が低いこと、アフターケアがないなどデメリットもあります。

脱毛サロンは自社教育を受けたスタッフが施術します。減毛脱毛といって少しずつムダ毛を減らす方法の施術ですが、クリニックに似たような効果があります。

万が一のときは、提携先の医療機関で対応するなど、クリニックに比べると医療対応は少し遅めです。

痛みとコストを気にするなら脱毛サロンがおすすめ

うなじ脱毛は回数を重ねて効果が実感できます。そのため、痛みと料金がそれなりに高くなるため、気になる人は脱毛サロンからスタートすることをおすすめします。

脱毛サロンの多くはお試しキャンペーンを実施しているため、一度こちらで体験してから決めると失敗しませんよ。

まとめ|うなじ脱毛は体験からスタートで後悔しない!

うなじ脱毛の口コミを見ても、脱毛後に失敗したと感じる人がたくさんいらっしゃいます。理想のデザインや効果を求めるなら、必ず体験脱毛からはじめることをおすすめします。

また、カウンセリングで気になる点や痛みなど納得するまで話し合うのもポイントです。脱毛完了すると毛を元に戻すことがむずかしいため、後悔しない脱毛を始めてみてはいかがでしょうか。

今月のキレイモのキャンペーン