もみあげ脱毛に要注意!こんな形や自己処理は絶対におすすめしない!

もみあげ脱毛に要注意!こんな形や自己処理は絶対におすすめしない!

人よりもみあげが「毛深い」形が悪い」などで悩んでいませんか?

もみあげの毛量や形によって、髪をアップスタイルにしたときの印象が大きく違ってきます。とくに顔は第一印象を決める箇所なので、気にしている人も多いのではないでしょうか。

自己処理で簡単にお手入れできる箇所ですが、実は多くの人は失敗しています。

今回は、なぜもみあげ脱毛に失敗してしまうのか。理想的な形や脱毛サロンとクリニックの施術の違いなどについて、詳しくお伝えします。

【口コミ】もみあげ脱毛を自分でした失敗談

当サイトでは今回「自宅でもみあげ脱毛をしたことがある人」へ口コミを募集した。口コミを見てみると“良かった”という意見が多いと思いきや、「失敗や後悔」といった意見が多く見られました。

どういった失敗の意見が多かったのか、一部抜粋します。

  • まるで春日!もみあげがスパンとなくなってしまった。(28歳)
  • 毛抜きで抜いたら激痛が!しかも血豆もできました。(26歳)
  • 左右の形がキレイにならず恥ずかしくて見せられない。(22歳)
  • 剃ったから青白い肌になった。(27歳)
  • すごくヒリヒリする。目に見えない傷があるのかも。(32歳)
  • 不自然過ぎる状態で逆に恥ずかしい。(35歳)

多くの人はカミソリや毛抜きなどを使って、もみあげ脱毛していることがわかりました。

「自宅で手軽にできて低コスト!」文句なしの脱毛方法ですが、トラブルが多いことも口コミで証明されています。

もみあげを一度処理してしまうと、しばらく毛が生えてこないこともあります。後悔しないためにも、最適な方法で脱毛するべきと言えます。

絶対にもみあげ脱毛でやってはいけないこと

上記で紹介した口コミの失敗した人たちは、どういった脱毛方法とデメリットがあるのか。これから自宅でもみあげ脱毛をしようと考えている人のために、詳しく解説していきます。

脱毛クリームで脱毛

あらゆる脱毛方法の中でも、一番おすすめしないのが「脱毛クリーム(除毛クリーム)」です。

低コストでありながら一瞬でムダ毛がキレイになるため、メリットが多いことから利用する人が多い方法です。

しかし、その逆に「肌がヒリヒリする」や「クリームが髪の毛について溶けてしまった」などのデメリットも見かけます。今回、募集した口コミの中にもいくつかありました。

脱毛クリームはタンパク質を溶かす成分が含まれています。タンパク質は毛のほか、皮膚も同じ構成で作られています。

もみあげだけをキレイにするつもりが、髪の毛や皮膚にもクリームがついてしまうこともあるでしょう。

脱毛クリームは、皮膚のかゆみや痛み・髪の毛まで脱毛するケースが多いので、絶対に使用しないようにしましょう。

※脱毛クリームを利用する前に、必ず使用条件を確認してください。多くの脱毛クリームや除毛剤は、顔へ塗ることを禁止しています。

自己処理で毛抜きを使う

もみあげの毛深さに悩んでいると、数本抜きたくなりますよね。

でも、毛抜きを使ったもみあげ脱毛は、埋没毛や毛嚢炎などのトラブルを引き起こしかねません。

とくにもみあげ(顔)は、ふとした瞬間に見られる部位でもあります。

もみあげ部分の毛穴がブツブツしたり赤く腫れあがっていると、お手入れしない方がキレイな場合もあります。

カミソリで全剃りする

毛を一度全剃りすると、キレイな毛が生えるとよく聞きます。しかし、実際に「全剃りしたらキレイになった!」という意見は見られません。

全剃りすると見た目はキレイですが、間近で見ると毛穴の黒いブツブツや不自然な形が目立ってしまいデメリットが大きいのです。

また、もみあげが生え伸びる頃になると短い毛が目立ってしまい、とてもキレイとは言えません。

もみあげをどうしても全剃りしたいときは、刃物を使うため細心の注意を払うこと。そして、新しい毛が生えてくることも想像してからお手入れしてください。

サロンとクリニックのもみあげ脱毛方法を比較

もみあげは自己処理で整えるより、肌と毛質を知り尽くしたプロの手でケアしてもらうのが一番です。

もみあげ脱毛といえば、脱毛サロンとクリニックのいずれかを検討すると思います。どちらで脱毛するべきか、それぞれの脱毛方法を比較してみました。

脱毛サロン クリニック
脱毛効果 減毛脱毛 永久脱毛
脱毛方法 光脱毛 医療レーザー脱毛
(針脱毛)
スタッフ 資格なし 資格あり
痛み ほぼなし あり
実感スピード 遅い 早い
肌ケア あり なし
料金 安め 高め
トラブル対応 提携病院 即時

脱毛サロンとクリニックの大きな違いは、脱毛効果が違うことです。

減毛脱毛 ・毛根組織へ強い光でダメージを与える
・毛を弱らせ細くする
・脱毛機の照射パワーが低い
永久脱毛 ・毛根組織へ強い光で破壊する
・毛を弱らせ細くし毛の成長を遅らせる
・脱毛機の照射パワーが強い

脱毛機の仕組みはどちらも同じで、メラニン色素だけに反応する特殊な光を利用。この光の強さが強いか低いかの違いで、脱毛効果も大きく左右します。

つまり、クリニックは医療機関のみが扱える強い照射パワーを利用できるため、脱毛効果が早く持続性も高いのです。

脱毛サロンは照射パワーが弱く、毛根組織へダメージを与える減毛脱毛です。ですが、何度も照射することでクリニックと似たような効果が得られます。

実は永久脱毛って「一生、毛が生えてこない」という意味ではないのです!

米国の電気脱毛協会によると【脱毛してから1ヶ月後の時点で、毛の再生率が20%以下】であると定義しています。

この定義を見てもわかるように、永久脱毛したからといって“もみあげが一生ツルツル”ではないのです。

【一覧表】もみあげ脱毛の効果を回数別でチェック

実際に脱毛サロンとクリニックのもみあげ脱毛は、どれくらいの回数で効果が得られるのでしょうか。

わかりやすく一覧表で確認していきましょう。

効果 脱毛サロン クリニック
全体的に薄い 5回 2回
お手入れせず過ごせる 10回 4回
ツルツルになる 15回以上 6回以上

上記はおおよその目安で各回数を表示しています。

脱毛機による痛みが強いと、照射パワーを弱めて施術します。クリニックは脱毛サロンよりも痛みを感じやすいため、パワーを弱めるケースが多いです。

このようなスタイルで施術すると、1回あたりの脱毛効果が弱くなってしまうため、必然的に満足する効果までの回数が増えてしまいます。

もみあげはどこまで脱毛するべき?

もみあげをどこまで脱毛するかで、顔の形や見え方が変わってきます。

たとえば、もみあげが濃くてボサボサしている人は顔が歪んで見えるでしょう。

逆にもみあげを処理しすぎてしまった人は、顔が大きく見えてしまうケースもあります。

理想的なもみあげ脱毛の形

絶対にもみあげ脱毛で失敗したくないなら、まずは自分の顔と輪郭の形を確認しましょう。

女性におすすめの理想の形は「耳の穴あたりまで(逆三角形)」もみあげを残すことです。

面長な顔の場合、もみあげを全処理してしまうと顔が長く見えてしまいます。小顔に見せるためには、耳穴より耳たぶよりまでもみあげを残してあげるのがおすすめです。

もみあげは一度に脱毛するのではなく「薄く細く短く」を少しずつおこなうのがポイントですよ。

失敗したくない!もみあげ脱毛の前処理方法

脱毛サロンなどでもみあげ脱毛する場合、必ず前処理をお願いします。

肌を傷つけてしまう心配がある人は、脱毛サロンによって追加料金を支払えばスタッフが対応してくれます。不安な人はプロの手でおこなってもらうのがおすすめです。

もみあげ脱毛を前処理するときは、カミソリや毛抜きを使ってはいけません。とくに毛抜きの利用には注意!

脱毛機による照射は、毛のメラニン色素(黒い色)に反応します。毛を抜いてしまうとメラニン色素がなくなってしまうため、十分な効果が得られません。

また、毛を抜いたことで毛周期が乱れてしまい、次の脱毛効果にも影響してしまいます。

もみあげ脱毛の前処理は顔用電気シェーバー

もみあげは鏡越しに見ながら処理するため、肌に安全な電気シェーバーを使いましょう。

電気シェーバーにもいくつか種類がありますが、必ず“顔用”と書かれた商品を選んでください。全身用と違い顔用は細かい部分のお手入れができたり、安全ガードがついているなど使い心地が全く違います。

お手入れは脱毛予約した前日の夜までおこなっておくと、肌も落ち着いて施術当日のトラブルが起こりにくいですよ。

もみあげ脱毛が安いのは脱毛サロン

もみあげだけ脱毛する人のほか、せっかくなら「もみあげと一緒に顔脱毛したい」人も居ると思います。

もみあげ脱毛だけするより、顔脱毛などセットコースの方がお得なケースもあります。そこで今回は、全国展開している大手脱毛サロンのもみあげ脱毛で、一番安いところを探してみました。

まずは、もみあげ脱毛の単発コースとセットコースがあるか確認していきましょう。

サロン 単発コース セットコース
キレイモ なし 全身脱毛33箇所
(月額9,500円)
銀座カラー なし 顔脱毛(2箇所・各24回)
(月額5,400円)
※総額173,400円
脱毛ラボ 2,000円 全身脱毛56箇所
(月額1,990円)
シースリー なし 全身脱毛53箇所
(月額5,800円)
ミュゼプラチナム 顔NG 顔NG
プリート 3,000円 Sパーツ
(6回18,000円)

プリートは顔脱毛に対応していますが、部位の中にもみあげがありませんでした。ただ、頬の脱毛に対応しているため、一度相談してみることをおすすめします。

次に、上記表のセットコースで“もみあげ脱毛だけの料金”を一覧にまとめてみます。

サロン 1回あたりの料金
キレイモ 576円
銀座カラー 3,613円
脱毛ラボ 498円
シースリー 109円
ミュゼプラチナム 顔NG
プリート 3,000円

※キレイモは2ヶ月に1回で一周
※脱毛ラボは14ヶ月で1周

シースリーは地域によって料金が異なります。全身脱毛53箇所の最低が月額5,800円で、上記の表は最低額で計算しています。

もみあげ1回あたりが一番安いのはシースリーですが、各脱毛サロンの特徴なども選ぶ際は参考にしてみてください。

サロン 特徴
キレイモ ・初月0円キャンペーン
・カウンセリングでハンド脱毛無料
・スリムアップ脱毛(美白脱毛)が選べる
・好きなタイミングで辞められる
・返金保証がある
銀座カラー ・3ヶ月全額返金保証キャンペーン
・オリジナル保湿ケア
脱毛ラボ ・15ヶ月無料
・もみあげ脱毛のコースが充実
シースリー ・初月0円キャンペーン
・月額or後払いが選べる
・永久メンテナンス保証
ミュゼプラチナム 顔NG
プリート ・カウンセリングで無料体験できる
・いつでも休止/再開できる

※脱毛ラボは14ヶ月で1周

まとめ|もみあげ脱毛するなら体験がおすすめ

もみあげ脱毛の自己処理は大変危険です。失敗しないためにも、プロの手で施術してもらうのがおすすめです。

脱毛サロンなどでもみあげ脱毛をしたいけど、実際に痛みや効果を知ってから契約したい人も多いと思います。まずは、カウンセリングで脱毛体験ができるサロンから検討してみてはいかがでしょうか。

今月のキレイモのキャンペーン