シースリーはシェービング代必要?自己処理はどこまですればいい?

シースリーに限らず脱毛サロンでは脱毛前日までに自己処理をしなくてはいけません。

ただ、手の届く範囲ならともかく背中など手の届かない範囲って”剃り残し”できてしまいませんか?

そんな場合、シースリーではシェービング代、必要なのでしょうか!?

安心してください!

シースリーでは手の届きにくい”うなじ”や”背中”などの剃り残しに関してはシースリーで無料でシェービングしてくれます。

ただ、自己処理の剃り残しに対してですので注意してくださいね。

シースリーの自己処理はどこまで必要なの!?

シースリーでは脱毛する前日までに脱毛箇所の自己処理を済ましておく必要があります。

もちろんシースリーではシェービーングサービスもあるのですが、事前に処理をしていることが前提になってきます。

全く自己処理をしていないムダ毛ボーボー状態である場合は、脱毛施術の際に処理してない部分を避けて脱毛するか、最悪の場合脱毛の施術を断られてしまうこともありますので注意してください。

では、冒頭でも紹介したのですが手の届かない範囲はどうでしょうか!?

手の届かない部位の自己処理はどうすればいい!?

手の届かない「うなじ」や「ヒップ」、「背中」などに関しては基本的には自己処理は必要ないとされています。

自分の目で確認できないので、自己処理中にカミソリなどで肌などを切ってしまうと危険ですし、何より傷が出来てしまうと脱毛出来なくなってしまいます。

手の届かない「うなじ」や「ヒップ」、「背中」などの剃り残しに関してはシースリー側でシェービングしてくれますので無理せず来店してくださいね。

ただ、中には、

契約時は、「背中などは自己処理しなくてもいいですよ!」と言われたのに何もせず脱毛してもらおうとしたら、「自己処理、次回からはしてくださいね」なんて言われた。

何で!?

数ある口コミの中には契約時や事前の説明時に、自己処理は必要ないと言われたはずなのに、実際に行ってみると事前の自己処理が必要だった。。。こんな口コミもありました。

スタッフの対応によって変わってくるのかもしれませんが、あくまでも全くシェービングしなくてもいいというわけではなく、剃り残してしまった部分を無料でシェービングしてくれるという認識なのでしょう!

シースリーの各店舗によって剃り残しの概念が多少なり変わってくるのかもしれませんので、無料カウンセリング時によく確認しておく方がいいのかもしれませんね。

では、もし剃り残しがあった場合はシェービング代はどれくらい必要なのでしょうか!?

シースリーで脱毛前の剃り残し発見!シェービング代はいくらかかる!?

シースリーでは冒頭で紹介したように剃り残しをシェービングしてもらってもシェービング代はかかりません。

つまり、剃り残しに関しては無料でシェービングしてもらうことができます。

他の脱毛サロンでは有料のサロンがある中、シースリーはシェービング代金もかかりませんので良心的なサロンですよね。

シースリーで「顔」&「VIO」脱毛する場合の注意点!

基本的に先ほど紹介しましたように剃り残しをシースリーでシェービングしてもらう際、シースリーの電気シェーバーで処理してもらうのですが、「顔脱毛」「VIO脱毛」に関しては自分のシェーバーを持参しなければいけません。

「え!?なんで!?」

その理由としては、「衛生上の問題によりシースリーの電気シェーバーは使えない」とされています。

「顔」&「VIO」の脱毛施術の際に電気シェーバーを忘れてしまった場合は、剃り残しを避けて脱毛するか、脱毛自体を断られてしまう可能性もあります。

そのため、シースリーへ脱毛しに行く際は化粧ポーチにでも電気シェーバーを常に入れておくと安心ですね。

ちなみにシースリーで使用できる電気シェーバーは取り外し可能な二枚刃の電気シェーバーということです。

このタイプが一般的ですよね。

具体的にどういった電気シェーバーを持参すればいいのか分からない場合は、シースリーのスタッフの人に無料カウンセリング時に聞いてみるといいですね。

では剃り残しを出来るだけ作らないためにも上手なシェービングの仕方はあるのでしょうか!?

シースリーでの脱毛前に!剃り残しのないシェービング方法!

シースリーは剃り残しを無料でシェービングをしてもらえますが、出来るなら自分で処理しておきたいですよね。

剃り残しを作らないポイントとしては、何回かに分けてシェービングをするのがいいです♪

一度のシェービングで全身のムダ毛をシェービングするとなると、

  • 時間
  • 労力

がハンパないですよね(汗)

何度か時間を置いてこまめにシェービングすることでムダ毛の剃り残しは限りなくゼロに近づきます^^

オススメの方法としては、脱毛数日前から自己処理を始めて、脱毛前日に剃り残し自体をシェービングし、シースリーに来店する前に最終確認をしてから向かうのが最もオススメです。

シースリーは時間に結構タイトな部分があります。

一応シェービングの時間も設けてはいるようですが、実際剃り残しのシェービングが必要になると通常の脱毛施術の時間よりも長くなってしまう可能性があります。

基本的に予約した時間内で脱毛の施術も行われますので、時間が押してしまうと照射漏れを起こしてしまう可能性もなきにしもあらずです。

そうなると脱毛の効果の薄くなってしまうことも考えられますので、可能な限り自宅で事前のシェービングに関しては剃り残しゼロを目指して脱毛施術を受けたいですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか!?

全身脱毛となると事前の自己処理も多くなってしまいがちで、剃り残しができてしまうのは必然です。

ただ、出来ることは自分でして、全身脱毛を早く完了したいですよね。

また、くれぐれも予約時間に遅れることのないように注意しておきましょうね♪

そしてシースリーで予約する際に中には「予約が取れない!」なんて口コミも見たことがあります。予約を取りやすくする方法。。。あります♪

それに関しては次の記事を参考にしてみて下さいね。

今月のC3(シースリー)のキャンペーン

コメントを残す