ミュゼはほくろや傷がある場合、こんな対処をしてくれます!

ミュゼはほくろや傷がある場合、こんな対処をしてくれます!

ミュゼで「よし脱毛しよう!」そう思った時に、

「そういえば私ってほくろ多いんだけど、どうなんだろ?」

とふと思ってしまいますよね。

でも大丈夫!!

アヤメ
ミュゼでは、ほくろや傷があったとしても脱毛施術の前に専用の保護シールを貼ってくれますので、フラッシュの光がほくろに照射されることはありません。

なので安心して脱毛の施術を受ける事ができます。

神すぎる!?ミュゼスタッフのほくろ対応!

ほくろの場所も前側であれば自分で確認する事ができるのですが、背中や普段見ない様な部位って正直ほくろがあることすら分かりませんよね。

しかし、ミュゼで施術する場合、脱毛前にスタッフさんがその日に脱毛をする箇所のチェックをして、ほくろや傷などがある箇所にはあらかじめ保護シールを貼ってくれます。

ほくろがある場合はミュゼのスタッフの方が、

「いくつかほくろがありますので念のためにシール貼っておきますね」

こんな感じで手際よくシールをペタペタと貼ってくれます^^

「私、ほくろが多いんだけど大丈夫なのかな!?」

そんな時でも大丈夫です。
ほくろの数が多くあったとしてもミュゼのスタッフさんが、場合によっては2人体制でしっかりと、施術前にテープを貼ってくれます。
なので私たちは安心して脱毛を受ける事が出来ます。

そもそも「ほくろ」にシールを貼るのは何故!?

ミュゼで採用している脱毛方式は「SSC脱毛」というのは有名ですよね。

SSC方式があるから最短脱毛が可能に♪

「SSC脱毛」は専用のジェルを塗った後にフラッシュを照射させます。

このフラッシュの光は、黒い色素(メラニン色素)に反応しますので、私たちの肌でいうと毛穴の中の毛根細胞ですね。

これにフラッシュの光を照射させることによってダメージを与えます。
ほくろに保護シールを貼らない状態でフラッシュの光を当ててしまうと照射した際に火傷をしてしまう可能性があるのです。
こうならない為にも脱毛前の保護シール貼りというのは大切になってきます。

また、ほくろって小さいものばかりではないですよね?

少し大きめのほくろがあったとしてもミュゼのスタッフは手際よく保護シールを貼ってくれますので安心です^^

ミュゼのスタッフさんは比較的若い方が多いのですが、その若さとは相反して本当に手際がいいです。

なので少しほくろが多くて脱毛の時間が長引くのでは?と心配される方もいますが、その点は時間通りに脱毛が進められますので安心してください。

「さすがプロ!」

そう言える仕事っぷりです。

また、人によったら家庭用の脱毛器を使用する人もいるかもしれませんが、やはり照射熱が当たらない様に絆創膏などでほくろを隠す必要がありますのでその点は家でもミュゼでも同じと言えますね。

ミュゼでほくろや傷がある場合の対処まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はミュゼでほくろや傷がある場合の対処について紹介してみました。

自分では見えない場所にあるほくろでも、ミュゼスタッフは丁寧にしかもスピーディーに対処してくれる事が分かりましたね。

特に初めて脱毛を受ける際は色々と心配になってしまうことも多々あると思います。

しかし、安心してください。ミュゼのスタッフは皆プロです。

アヤメ
私たちは安心して脱毛の施術を受けてツルツルのお肌になるのを待つだけで構わないのです。

そしてキャンペーンでミュゼを体験する人の中には「Vライン」の脱毛をする人もいるかもしれません。その時の服装について紹介してみましたので脱毛前にチェックしておきましょう!

こちらの記事も読まれています

今月のミュゼのキャンペーン