ミュゼで産毛を脱毛する際の脱毛回数について!

ミュゼのみならず脱毛する際に気になる事がその脱毛回数ですよね。

料金と同じくらい考えてしまいます。

ほとんどの脱毛サロンは6回、8回などの回数パックがありますがそれは産毛以外の場所での話し。

では、

顔や背中などの産毛に対しては何回くらいがいいのでしょうか!?

他の部位と同じ回数を契約したものの産毛だけが脱毛完了していないケースもありますのでぜひ今回紹介する内容を参考にしてみてください。

一見、濃い毛よりも薄い毛の方が脱毛しやすいと思ってしまいがちなのですが、実はです。

ミュゼなどの脱毛サロンはフラッシュ脱毛を採用していますよね。

このフラッシュ脱毛は毛根の黒い毛質に反応します

なので、産毛のような薄い組織に対しては反応しづらいのです。

つまり、

産毛を脱毛完了したいと考えるのであれば、通常の毛を脱毛するよりも多くの回数を重ねる必要があると言うことですね。

では、

実際のところ産毛をキレイに脱毛する場合、どれくらいの回数が必要になってくるのでしょうか?

産毛を脱毛する際に必要な脱毛回数は?

産毛の脱毛回数を知る前に、普通の毛はどれくらいの脱毛回数が必要なのかも知っておかなくてはいけません。

全体の平均でいうと一般的な目立つムダ毛は、

6〜8回の脱毛回数が必要です。

それに対して顔や背中などの細く薄い産毛は、

10〜12回程度脱毛回数が必要とされています。

だいたい産毛は普通の脱毛と比べても1,2〜1,5倍は回数が必要なのですね。

では、

期間はどれくらいかかるのでしょうか!?

脱毛する期間に関しては毛周期が関わってくる場合が多いのですが、ミュゼはSSC脱毛方式を採用していますので毛周期に合わせて脱毛する必要があまりありません。

なので、

予約さえ取れれば1ヶ月感覚で脱毛する事ができるのです。

つまり産毛も完全に脱毛したいと思う場合は1年程度で完了してしまうという事です。

これはSSC脱毛方式を取り入れているミュゼだからできる事なんですね。

ミュゼのSSC脱毛って!?

一般的な光脱毛「IPL方式」

「IPL方式」は多くの脱毛サロンで取り入れられていて光脱毛の定番方式です。

毛の黒い部分(メラニン色素)に光が反応します。その照射熱で毛乳頭にダメージを与える事で脱毛していきます。

照射熱は1本1本の毛から毛乳頭に伝わりますので毛と毛乳頭がくっ付いている成長期にしか効果を発揮する事が出来ないのです。

「IPL方式」は光を照射する前にジェルを塗りますがこのジェルは光を吸収しやすくする理由と肌の冷却効果を考えて塗られています。

ミュゼ「SSC方式」

「SSC方式」に関しても「IPL方式」と同様にジェルを塗った後に光を照射させるところは同じですが、「SSC方式」はその使うジェルの成分が「IPL方式」とは全く違ったものになります。

「SSC方式」で使うジェルには抑毛成分(ジェルビーンズ)が含まれていて、光を照射させることによりジェルビーンズが溶けて毛穴に浸透し毛の発育を抑毛していきます。

光の効果とジェルの抑毛成分との相乗効果が得られる方法になるのです。

ジェルに含まれる抑毛成分(ジェルビーンズ)の浸透は毛周期とは無関係ですので、「SSC方式」だと例え毛周期が「退行期」や「休止期」だったとしても十分に脱毛効果が期待できるというわけですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか!?

今回はミュゼで産毛を脱毛する際の脱毛回数について紹介しました。

ミュゼで産毛も脱毛する場合は10〜12回程度かかります。

ただ、この回数に関しては他の脱毛サロンも同じです。

しかし、

期間に関しては毛周期に合わせて脱毛しなくてもいいSSC脱毛のおかげで早く脱毛できそうですね。

ミュゼは脱毛初心者の方にも安心して脱毛する事ができるサロンです。

ミュゼの「100円キャンペーン」はとても有名ですよね?

「本当に100円なの!?」

と疑ってしまいますが、本当のところを言うと。。。。本当です!(笑)

本当に100円で脱毛ができてしまいます。

しかし、

これにはちょっとしたカラクリがありますので、予約して「騙された!」と思わないためにも興味のある人は次の記事は必見ですよ。

5月のミュゼのキャンペーン

コメントを残す