【脱毛ラボ】脱毛前後に飲酒は絶対しないで!飲酒と体の関係とは!?

【脱毛ラボ】脱毛前後に飲酒は絶対しないで!飲酒と体の関係とは!?

脱毛ラボに限らず、脱毛サロンでの脱毛前後日は飲酒はNGです。

せっかく脱毛でツルツルのお肌が手に入るはずが脱毛前後に飲酒をすることで、思わぬ肌トラブルに発展してしまう可能性があります。

この記事では、【脱毛ラボ】で脱毛する場合に、脱毛前後に飲酒をすることによるリスクについて紹介したいと思います。

【脱毛ラボ】脱毛前後に飲酒は絶対しないで!

脱毛ラボだけでなく脱毛サロンで脱毛している場合、施術の前日・施術後は飲酒はしない様にしてください。

「飲酒しました!」

と宣言しない限り相手には分からないのですが、お肌は正直です。

飲酒したことによる代償はかなり大きいです。

では、なぜ脱毛の前日、施術後の飲酒はダメなのでしょうか!?

なぜ脱毛前後の飲酒はダメなの!?

これは脱毛ラボに限った話ではないのですが、脱毛施術後の飲酒はアルコールによって体温が上昇します。

肌の血行が良くなることで”赤み”や”かゆみ”が出てしまう可能性があるのです。

また脱毛前日に関しても同様で、前日のアルコールが体内から抜けていない場合は脱毛の施術中に照射による痛みや刺激を感じやすくなってしまうのです。

アヤメ
私たちの体はアルコールが体内に入ってくるとそれを分解しようとする力が働きます。

※アルコールの分解にはかなりの体内エネルギーを使います。

そのため、

脱毛効果を実感する事が出来なくなるほか、最悪の場合肌トラブルに発展してしまう可能性すらあるのです。

そうならない為にもやはり脱毛前後の飲酒は控えるべきなのです。

では、脱毛の前日に飲酒をしてしまった場合はどうすればいいのでしょうか!?

脱毛施術の前日に飲酒をしてしまった時の対応

脱毛施術美の前日に飲酒をしてしまった場合は、脱毛ラボでは脱毛施術が出来ませんのでキャンセルする必要があります。

ペナルティの内容
当日キャンセル 脱毛施術1回分の消化
前日キャンセル 1,000円の違約金
前々日のキャンセル ペナルティなし

この表に書かれている様に、前日のキャンセルに関しては1,000円の違約金が発生します。

こちらの記事も読まれています

しかし、

黙って施術した場合、後々肌トラブルになってしまったとしても脱毛ラボの補償の範囲外になります。

つまり自己責任になってしまいます。

あとで嫌な思いをしない為にも、前日に飲酒をしてしまった場合は素直にキャンセルした方が体の為だと言えます。

脱毛ラボは痛みの少ないSSC脱毛を採用していますが、飲酒に関しては脱毛する上で基本的なことになってきますので、しっかりと押さえておきましょうね。

こちらの記事も読まれています

まとめ

いかがでしたでしょうか!?今回は【脱毛ラボ】脱毛前後に飲酒は絶対しないで!ということで紹介しました。

普段の生活の中で飲酒は程よく飲むことで体に良い影響を与える訳ですが、脱毛サロンで脱毛している場合に限っては注意しなくてはいけません。

せっかく綺麗になる為に脱毛しているのに自分の不注意で肌に悪影響が出てしまっては何のために脱毛しているかわかりませんからね。

では、女性につきものの生理に関してはどうでしょうか!?

当然、生理の場合は脱毛はNGなのは分かるのですが、生理が終わりかけの場合はどうでしょうか!?

次の記事で詳しく紹介しましたので今後の参考にしてください。

こちらの記事も読まれています

今月の脱毛ラボのキャンペーン